好きなデザインのiPhone7ケースを選ぶ

せっかく購入をしたiPhone7を守るためにケースをつけている人が増えています。そして、iPhone7ケースを選ぶときには、デザインを重視して決めることがポイントです。人気がある機種なのでいろいろなものが販売されているので、色々と選ぶことができます。まずは、素材ですが、プラスチックやTPUやシリコンなどがあります。そして、目的によって素材を選ぶ必要があり、よく落としたりするのであればクッション性が高いシリコンにすることで衝撃を和らげることができます。そして、薄さを求めるのであればプラスチックやTPUにすることで本来の薄さを保つことができます。そして、一番製品が多いのがプラスチック製のものになります。本体自体が大きいため個性を出すことができます。いずれにしても、いろいろなケースを見て選ぶのが一番です。そして、価格も手ごろなものがあり気分によって変えるということもできます。

iPhone7ケースの少なさに怒りの声

先月発売となったiPhone7ですが、アメリカでは前代未聞の予約数だったようです。しかし、日本ではと言うと、新色が増えたことによっての話題性は多少ながらあったものの、外観はほぼインナーチェンジに近いと言われるほどインパクトは微妙でした。そしてこの市場もう一つ事件が起きています。それは、今やスマホケースは山のように販売されているこの状況に慣れてしまっているからこそ起きてる事件です。iPhone7ケースの販売が追いついていません。端末が先だしで販売され、iPhone7ケースの種類はおろか、その在庫数も確保できていないお店がある続出して、取り敢えずケースなしでと油断したユーザーすでに落として画面を破損するなどという自体が起きています。これは海外と日本との価値観の違いもありますが、日本でiPhone自体がヒットしたのはケースのバリエーションが火付け役となっていたことは間違いないです。

iPhone7ケースを取付けてカスタマイズする

お気に入りのiPhone7ケースを取付けることで、カバーもできるのですが見た目をよくすることができます。そして、ケースの種類も多くあり、衝撃を吸収してくれるのがシリコンで、見た目やデザインを重視するならばTPUのほうが種類が多いです。そして、必ず確認をしておかなければならないのが使い勝手です。iPhone7は大きさが大きいためケースをつけることによって結構な大きさになりかさ張ることがあります。そして、通話をするときにも違和感を感じることもあるので、その点をよく考えて選ぶことが必要です。最近はオリジナルのものを作ってくれるサイトもあり、インターネット上で画像データなどを送ることでその通りに作ってくれます。安いところでは、2000円程で作れるところもあり、手軽に気分転換ができ、その日の気分によって使い分ける人もいます。